topics

column

【二胡技術】小指と小指のあとの音程を安定させるために〜一二三指と四指をカテゴリーで意識する〜

小指のシリーズ3回目、今回で最後になります。前回は、小指の正確な位置をつかむための第一歩目として、まずは薬指からの小指を位置を知るというものでした。 今回は小指を押さえた後に、もとの他の指を押さえた時に音程がずれてしまうのを防ぐために、どんな考え方が必要か?そして、色んな指から小指を取るための練習を紹介しま...

column

【二胡技術】小指の置き方は薬指から 〜 力んで逆反りしないように!

前回に続き小指の項、第2回目です。前回は小指を倒す時の支点について解説しました。そして今回は実際に小指をどう届かせれば良いのか?を解説しています。 まず最初は薬指から小指までの距離を知っていく、つかんでいくことから始めてください。それに慣れてきたら、他の色んな指から小指までも慣らしていきますが、まずは薬指か...

column

【二胡技術】小指が5(ソ)に届かない?を届かせるコツ

左手=音程のシリーズの次の項になります。音程の中でも初級者にとっては、左手で最初のハードルになるのではないでしょうか。小指の項を数回に分けてお送りしていきます。 これまでの左手シリーズで解説してきた、小指を含まない人差し指から薬指までの3本指で、気をつけるべき左手フォームはしっかり押さえるということが第1ス...

column

【二胡技術】音程を安定して取るための練習メニュー(D調三指まで)

今回は左手フォームの実践編、D調三指(薬指)までを使った練習メニューを紹介していきます。 前回解説した、二指(中指)までを使って3(ミ)の音が低くならないようにができたら、D調においては三指は二指にピッタリくっつけるように置いていきます。 それができたら曲を弾くのでも良いのですが、その場合自分がどのように指...

column

【二胡技術】その3(ミ)の音程低くない? 〜音程を安定して取るためのD調左手フォーム〜

今回からは左手フォームの実践編になります。前回・前々回の初歩的な気をつけたいことを踏まえた上で、今回は主に左手の指の置き方を紹介します。 その中でもまず今回は入門者・初級者向けの内容として、一指(人差し指)と二指(中指)を使い、ドレミ(123)までの音階の中で気をつける注意点を解説させていただきました。 入...

column

【二胡技術】初級者が他にも気を付けておきたい左手の基礎2 〜そもそも基礎の範囲って?〜

前回の動画では左手の基礎において、初級者がまず一番に気をつけたいこととして “指を縦に開く” というものでした。 今回は二胡を始めてから、なるべく最初のうちに気をつけたい他のポイントをいくつか解説しています。 まずは●弦を押さえるのは、内外弦両方を押さえられる、蛇皮の面の方向からこちらは前回の、指を縦に開く...

column

【二胡技術】初級者が気を付けておきたい左手の基礎! 〜音程取りにくいのは左肘の位置〜

音程のシリーズ、前回までは音程を取る左手のことを開設する前段階として、まず音程を聴き分ける “音程を判別する耳” の方がどちらかというと優先獣医としては左手のフォームそのものよりも高い、という内容をお送りしてきました。 まずそのことを知っていただいた上で、今回から実際に音程を取る左手では、何に気をつければ良...

column

【二胡講座】相対音感力UP方法3選‼︎

前回から始まりました、左手のシリーズ。左手、つまり音程のことをテーマにしていくわけですが、前回でお話ししたのは左手そのものを解説していく前に、まず音程を判別する耳の方が重要だということをお話しました。 そして今回はもう1回耳のお話し。 音感を身につけるための相対音感緑UP方法を3つ紹介いたします。 1.先生...

column

【二胡講座】自分で音程を取らなきゃいけない楽器の “音感” を身に付けるために

音色のシリーズも終わり、今回から音程(主に左手)のシリーズを開始します。 今までのこの二胡講座は、比重として音色のことをお伝えしてきた方が多かったと思います。音色というのは右手が担いますね。 二胡は音程を自分で取らなきゃいけない楽器なので、ある程度音色(右手運弓)に雑音が出ないようになってきたら、音の質を追...

column

【二胡技術】音色のコントロールを演奏に活かす!

音色のシリーズ、今回がこのシリーズの最終回となります。これまでやってきた音色の知識と弾き分け方を、実際の曲ではどのような場面で活かすのか?を解説します。 下に例を2例挙げてみました。1.曲のシーンが転換するところ ・Aメロ(もしくはBメロ)からサビに変わる箇所 ・Aメロ(もしくはBメロ)から落ちサビに変わる...