topics

column

【二胡講義】楽譜が苦手?〜曲に書かれているのは物語〜 [記号を解読?という捉え方の転換]

今回は文字通り二胡のレクチャー(講義)です。特に音楽未経験で二胡を始めた方に多く見られるのが「楽譜を読むのが苦手」という言葉です。私も超得意!…というほど初見力はありませんが、結論を言うと、読めないよりも読めるに越したことはないです。 日本における二胡学習は、主に数字で音の高さを表記する「数字譜」を用いてい...

column

【二胡技術】賽馬の速弾きがなかなかできないのは右手を見落としてるかも…

装飾音シリーズも終わり、何か新たなシリーズを思いつかない限りは、その日に思いついたことや、メモっておいたネタなどからテーマを掲げていきたいと思います。 今回は賽馬の速弾きについて、ワンポイントに焦点を当てて解説していきます。 速弾きはもちろん、速く弾くことそのものが難しいわけですし、時間をかけて練習する必要...

column

【二胡技術】保留指ポルタメントって聞いたことある? 〜 中国曲が好きなら必須技法!

二胡の装飾音、ポルタメントシリーズ最後の項目になります。これまで二胡における2大装飾音「トリル」と「ポルタメント」を、その種類とやり方を実演交えながら解説してきました。そのシリーズの締め括りとなります。動画では特にそれについて言っておりませんが…言うのを忘れました。。 保留指ポルタメントって聞いたことありま...

column

【二胡技術】ん!?ポルタメントで指を変えるタイミングっていつ?ってか…そもそもタイミングなんかあったの!?

チャンネル登録者数1000名突破の動画で間を挟ませていただきましたが、ポルタメントシリーズの続きです。 今回はポジション移動を伴う、違う指でのポルタメントになります。前回はポジション移動で同じ指でのポルタメントでしたが、今回の違う指の場合、その種類が2パターンあります。 今までその種類を知らずにポジション移...

column

1000名突破ありがとうございます!〜伸び悩んで続けることが苦しくなった時の思考方〜

二胡っとチャンネル、チャンネル登録者数1,000名を突破しました!チャンネル登録をしていただいた皆さま、高評価やコメントをくださっている皆さま、二胡チャンを続けてこられたのも、本当に皆さまのお陰です。心から感謝いたします。 詳しくは動画中で話していますが、昨年までの投稿頻度は月に1〜2本。多くて3本くらい。...

column

【二胡技術】隠された⤴︎記号を聴き分けられる? 〜 弓を切り返す時のポルタメントするタイミング

今回も音程を滑らかに変化させる二胡特有の技術、ポルタメントの解説をしていきます。ポジション移動をしますので、レベル的には中級者以降向けになります。 前回はポジション移動を伴うポルタメントの中で、2音間をひと弓で弾くスラーにについて言及しました。今回はスラーではなく、弓を切り返すときにおいての注意点を解説して...

column

【二胡技術】ポジション移動のポルタメント〜二胡らしい憂いある「ホワ〜ン」にしたいのに…(中級者向け)

今回も引き続き、音程を滑らかに変化させる二胡特有の技術、ポルタメントの解説をしていきます。今回はポジション移動を伴うポルタメントについてです。 ポジション移動をしますので、やはり技術レベル的には中級者以降向けになります。 その中でも同じ指でスラーをしながらポジション移動をする時に生じるポルタメントを解説しま...

column

【二胡技術】初級者もできる!ポジション移動なしで音程を「ホワ〜ン」と変化させてみよう‼︎ 1音に付く矢印記号のポルタメントを紹介!

2回目になりましたポルタメントシリーズ。前回はポルタメントの全概要を実践しながら紹介して行きました。 今回からは1つずつ詳細を解説していきます。まずは1音に付く↗(矢印=ポルタメント記号)を紹介します。 こちらはポジション移動しなくてもできるワザです。※ポジション移動を伴うものもあります。1ポ...

column

【二胡技術】二胡のホワ〜ンって音、憧れちゃいますよね!「ポルタメント」全種類を実演で紹介

二胡の2大装飾音、トリルとポルタメント。今回からポルタメントのシリーズに入ります。 二胡のホワ〜ンと音階が変化する音、憧れますよね。クラシックのポルタメントとも違って、二胡独特の味わいがあります。 今回はそのポルタメント1回目として、その全種類を実演紹介しています。記号と、その弾き方、音。詳細は動画をご覧く...

column

【二胡技術】トリルが難しいのは叩く動作そのものよりも叩く前後の音と繋がれないことにある

二胡の2大装飾音シリーズ。その1つ、トリル編の2回目になります。 トリル(tr)は今弾いている音の1つ上(2度上)を叩いて、元の音を装飾する技法ですが、この叩くときに何かしらの難しさを感じている方もいらっしゃるのではないかと思います。 主な難しさの原因として、その技術の特性上、瞬間的に叩く動作をしていかない...