topics

column

【二胡知識】手汗💦でポジション移動がやりにくくなっちゃう時の解決法!

年内に寄せられた二胡のご質問にお答えするシリーズ、今回で最後になります。今回寄せられたコメントを掲載させていただきます。 いつも勉強させていただいています^_^ 私は緊張で手汗がひどいので、ポジション移動やポルタメントするのが上手く出来なくなってしまいます^^; 解決策は何かありますか? というものでした。...

column

【二胡講座】表現ってどうやってつけるの? 〜 表現を創造しよう![演奏プランニング その1&2]

いただいたご質問に、今年の内にお答えしようのシリーズ2本目になります。 前回からの続きになりまして、演奏表現のしかたには、技術の分野と創造の分野があると解説した上で、前回ではそのうちの技術分野にあたる「小さい音の出し方」と「クレッシェンド」のやり方を解説しました。 今回はそれらの技術をどうやって演奏表現に組...

column

【二胡技術】繊細でキレイな小さい音の出し方 〜視聴者さんの質問に答えました[その1&2]

2021年の10月から音色のレクチャーシリーズをお送りしていましたが、今年ももう12月。最後の月になりました。 二胡っとチャンネルのコメント欄や、教室のメールに何件かご質問をいただいておりまして、今年にいただいた質問に、年内にお答えしていきたいと思いまして、一旦音色シリーズはお休みにしまして、お寄せいただい...

column

【二胡知識】自宅で弾く音があんまり良くなくて…と言う時の音色〜環境による音色 その2

今回のテーマは動画を1本ではまとめきれず、前回からの続きになります。 自宅で弾く音があまり気持ち良くない…と言う時の音色。環境に依存する音色というテーマでお送りしています。 楽器から直接出てくる音色。楽器から発せられて、壁から跳ね返ってきた音色。これは壁の材質によって、反射しにくい周波数帯があるため、音色は...

column

【二胡知識】自宅で弾く音があんまり良くなくて…と言う時の音色〜環境による音色 その1

二胡の音色シリーズ第4回目となります。 前回までは音色というものの正体を解説してきましたが、今回からはいよいよ二胡の音色に関しての突っ込んだテーマとなっていきます。ですので今回以降お話しすることは、前回までの音色の知識を前提に解説していきますので、ご覧になったことがない方はぜひ前回までの音色シリーズをご覧く...

column

【二胡知識】外弦解放の5と内弦小指の5 なぜ音色が違うの?〜音域を聴き取ろう!

音色シリーズ第3弾になります。 D調時の外弦開放弦の5(ソ)と、内弦小指の5。同じ音程なのですが、弾いてみると音色が違うことに気づかれた方も多いと思います。 この2つの5(ソ)は具体的にどう違うのでしょう?今回の動画はそれを実際に録音し、音の波形で見てみようという動画になります。 前回初めて出てきた言葉「倍...

column

【二胡知識】音色とは? その正体を見る!〜二胡で感情表現をするために〜

始まりました。音色シリーズ。 前回その概要と導入的な動画でしたので、今回からその1つ1つを解説していきます。 音色には、コントロール可能な音色と、コントロール不可能な音色があるということと、そして、その音色とは一体何なのか?にも迫るということを前回お話しました。 今回は、演奏技術でその音色をコントロールする...

column

【二胡講座】弾く上での音色を知る‼︎ 感情喚起のカギとは?

今回から新たなシリーズを開始していきます。音色についてです。 二胡はその音色に特徴のある楽器ですね。その音色に憧れて始めたという方がほとんどではないでしょうか。 そして二胡を始めてからある程度慣れてくると、気づくことがあるかと思います。私の楽器を先生に弾いてもらったら、私の弾く音と先生の音色が違う。。 そこ...

column

【二胡講義】楽譜が苦手?〜曲に書かれているのは物語〜 [記号を解読?という捉え方の転換]

今回は文字通り二胡のレクチャー(講義)です。特に音楽未経験で二胡を始めた方に多く見られるのが「楽譜を読むのが苦手」という言葉です。私も超得意!…というほど初見力はありませんが、結論を言うと、読めないよりも読めるに越したことはないです。 日本における二胡学習は、主に数字で音の高さを表記する「数字譜」を用いてい...

column

【二胡技術】賽馬の速弾きがなかなかできないのは右手を見落としてるかも…

装飾音シリーズも終わり、何か新たなシリーズを思いつかない限りは、その日に思いついたことや、メモっておいたネタなどからテーマを掲げていきたいと思います。 今回は賽馬の速弾きについて、ワンポイントに焦点を当てて解説していきます。 速弾きはもちろん、速く弾くことそのものが難しいわけですし、時間をかけて練習する必要...