topics

1月17日(土)、新春講座が行われました。
この講座も3回目の開催となります。
第1回は「音色」第2回は「音程」そして今回は「リズム」。
まずは、今まで2回の復習。これをすることによって初参加の新しい生徒さんも講座に抵抗なく入れます。
そして参加されていた生徒さんにも忘れていたことの思いだしにつながります。
休憩をはさみ、「リズム」の講座に入りました。
よくリズム感がいいとか悪いとか言いますが、この「リズム」育ちにくいカテゴリーのひとつだそうです。
自分でリズムを刻んでいると自然と早くなってしまったり、そしてそれに気づけないとどんどん早くなったりして…
正しいリズムに慣れるにはメトロノームに合わせる。
そんな話や実際に楽器を持っていろいろなリズムに挑戦したりしながら、2時間30分があっという間に過ぎて行きました。

このあと、場所を変えて懇親会が開かれました。
講座とはがらりと雰囲気が変わり、生徒さんたちと美味しい食事をいただきながら楽しくおしゃべりをしました。
今回の講座での感想をいただきましたのでご紹介します。
*「新春講座に初めて参加したのですが、以前の講座でやった音階の話や音色の話も聴けて、とても面白く、今日のメインのリズムの話も為になりました。
音符の意味とか詳しくやって下さったので、これから楽譜を読む時に気を付けて読めそうです。」
*「自分自身、理論的なところを強化しなくてはいけないと思っていたところ、こういう講座をやってもらえて有り難いです。」
*「リズムのことを、頭では分かっていても二胡で弾くと出来なかったりするので、分かり易い説明と、それを実践する練習時間もあって、とても充実した講座でした」
*「(新春講座を受けて)1年経つと忘れていたり、普段の曲練習だとなかなか原点に戻ることを考えないところ、毎年新春講座を受講することでそれを思い出せたり、去年は応えられなかったことが応えられたり、少しずつだけど自分が進歩していることを感じることができる。
先生が一生懸命教えてくださるので、それに応えられる生徒になりたいと思う。」
*「いつも為になる話を聴かせていただいております。1年経つと忘れてしまうようなことも、アッと思い出させてくれるような貴重な機会です」
生徒さんの声にもありますように分かっていても忘れてしまっていることを思い出させてくれる、新しいことも伝えてくれる新春講座。「今年は何を弾こう?」と、こころ新たにする新春。レッスンの前にまず、新春講座からスタートを切ることで二胡への志を高く持てるのではないでしょうか。
2015年1月24日

関連記事一覧