topics

今回も引き続きビブラートの実践編です。
前回では動かし方としてステップ2に入り、3種類のかけ方の内の1種類を実践紹介しました。

今回はステップ2の2種類目として2.2としました。
指を曲げるやり方の実践紹介になります。

ビブラートの種類の中でも、一番難しい部類に入るやり方だと思います。
ここに持っていくのに必要な要素として、やっぱりステップ1の左手フォームの基盤ですね!
その上で、ビブラートをやる前にも初級者の基礎技術として、小指の押さえ方が “指曲げ式ビブラート” と同じ動きになるので、おさらいをしながら“指曲げ式ビブラート” の紹介をしています。

関連記事一覧