topics

column

【二胡技術】ん!?ポルタメントで指を変えるタイミングっていつ?ってか…そもそもタイミングなんかあったの!?

チャンネル登録者数1000名突破の動画で間を挟ませていただきましたが、ポルタメントシリーズの続きです。 今回はポジション移動を伴う、違う指でのポルタメントになります。前回はポジション移動で同じ指でのポルタメントでしたが、今回の違う指の場合、その種類が2パターンあります。 今までその種類を知らずにポジション移...

column

1000名突破ありがとうございます!〜伸び悩んで続けることが苦しくなった時の思考方〜

二胡っとチャンネル、チャンネル登録者数1,000名を突破しました!チャンネル登録をしていただいた皆さま、高評価やコメントをくださっている皆さま、二胡チャンを続けてこられたのも、本当に皆さまのお陰です。心から感謝いたします。 詳しくは動画中で話していますが、昨年までの投稿頻度は月に1〜2本。多くて3本くらい。...

column

【二胡技術】隠された⤴︎記号を聴き分けられる? 〜 弓を切り返す時のポルタメントするタイミング

今回も音程を滑らかに変化させる二胡特有の技術、ポルタメントの解説をしていきます。ポジション移動をしますので、レベル的には中級者以降向けになります。 前回はポジション移動を伴うポルタメントの中で、2音間をひと弓で弾くスラーにについて言及しました。今回はスラーではなく、弓を切り返すときにおいての注意点を解説して...

column

【二胡技術】ポジション移動のポルタメント〜二胡らしい憂いある「ホワ〜ン」にしたいのに…(中級者向け)

今回も引き続き、音程を滑らかに変化させる二胡特有の技術、ポルタメントの解説をしていきます。今回はポジション移動を伴うポルタメントについてです。 ポジション移動をしますので、やはり技術レベル的には中級者以降向けになります。 その中でも同じ指でスラーをしながらポジション移動をする時に生じるポルタメントを解説しま...

column

【二胡技術】初級者もできる!ポジション移動なしで音程を「ホワ〜ン」と変化させてみよう‼︎ 1音に付く矢印記号のポルタメントを紹介!

2回目になりましたポルタメントシリーズ。前回はポルタメントの全概要を実践しながら紹介して行きました。 今回からは1つずつ詳細を解説していきます。まずは1音に付く↗(矢印=ポルタメント記号)を紹介します。 こちらはポジション移動しなくてもできるワザです。※ポジション移動を伴うものもあります。1ポ...

column

【二胡技術】二胡のホワ〜ンって音、憧れちゃいますよね!「ポルタメント」全種類を実演で紹介

二胡の2大装飾音、トリルとポルタメント。今回からポルタメントのシリーズに入ります。 二胡のホワ〜ンと音階が変化する音、憧れますよね。クラシックのポルタメントとも違って、二胡独特の味わいがあります。 今回はそのポルタメント1回目として、その全種類を実演紹介しています。記号と、その弾き方、音。詳細は動画をご覧く...

column

【二胡技術】トリルが難しいのは叩く動作そのものよりも叩く前後の音と繋がれないことにある

二胡の2大装飾音シリーズ。その1つ、トリル編の2回目になります。 トリル(tr)は今弾いている音の1つ上(2度上)を叩いて、元の音を装飾する技法ですが、この叩くときに何かしらの難しさを感じている方もいらっしゃるのではないかと思います。 主な難しさの原因として、その技術の特性上、瞬間的に叩く動作をしていかない...

column

【二胡技術】二胡の装飾音 トリルがしにくい⁇ 〜慣れるための注意ポイント3〜

前回の2大装飾音動画からの続きになります。今回はトリルの方に絞って解説しています。 トリルの時に気をつけるポイントとは?大きな括りとして3点を解説しました。・調の音階にある音を叩く・重いものを持つ力を使うのではなく、100mを難病で走れるか?という力を使う。・装飾するのことが目的なので、元の音の長さを変えな...

二胡体験レッスン
news

二胡体験レッスン簡単予約システムに クチコミをいただきました

こたにじゅん二胡教室で6月半ばに導入した “簡単予約システム”。こちらのページにクチコミ機能があります。今月体験された方からありがたいクチコミをいただきましたのでご紹介させていただきます。 上のスクリーンショットは東京校の中川えりか先生の体験レッスンを受けられた方ですね。高いご評価をありがとうございました!...

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】装飾音2トップ 〜 トリルとポルタメントっていつ入れるの⁇

二胡を二胡らしく特徴づける技術の種類として、装飾音のトリルとポルタメントが挙げられます。この2つが奏でられると、二胡を弾いたことない方でも「なんか中国っぽい」「二胡っぽい感じ」という印象になります。 今回はこの2つの技法について解説しています。 今回もメッセージでご質問いただきました。技法そのものはご存知の...