topics

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】ビブラートができるまでのSTEP3.2 〜蘇州夜曲でビブラート入れてみよう‼︎〜

ビブラート講座シリーズ、最終回になります。これまで講座で紹介してきたことの集大成です!実際に曲で入れてみる練習をするのですが、これまでの動画講座でやって来たことを把握できたとは言え、いざ実践となるとどうしても忘れがちになってしまいます。忘れがちになってしまうポイントとは??そのポイントを踏まえて、二胡でよく...

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】ビブラートができるまでのSTEP3.1 〜曲に入れるための土台作り練習〜

ビブラート講座シリーズ、いよいよ終盤です。今回は前回までの2つの段階を押さえつつ、第3段階として曲で実践するためのビブラートの土台作りを紹介しています。曲で入れるために、どういう練習が必要なのか?をオススメの練習方法と、そして注意点などと共に実践・紹介しています。ぜひ取り入れて練習してみてください。

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】ビブラート実践③ 指固め式 〜ビブラートができるまでのSTEP2.3 〜

ビブラートの動かし方実践編の続きです。このSTEP2の項で、前回まで2種類のビブラートの動かし方を紹介しました。 今回はその3種類目です。弦の張力を変えるビブラートのやり方として、指を固めるやり方を実戦解説しています。名付けて “指固め式” !!そのまんまですみません。 次回は曲への入れ方を紹介していきます...

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】ビブラート実践② 指曲げ式 〜ビブラートができるまでのSTEP2.2 〜

今回も引き続きビブラートの実践編です。前回では動かし方としてステップ2に入り、3種類のかけ方の内の1種類を実践紹介しました。 今回はステップ2の2種類目として2.2としました。指を曲げるやり方の実践紹介になります。 ビブラートの種類の中でも、一番難しい部類に入るやり方だと思います。ここに持っていくのに必要な...

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】ビブラート実践① スライド式 〜ビブラートができるまでのSTEP2.1 〜

前回2回に渡って、ビブラートの全体像とステップ1を紹介しました。今回はステップ2として動かし方の実践編になります。ビブラートにはやり方の種類があり、その3種類のやり方の説明、そして、その内の1種類を実戦解説しています。 前回に引き続きちょっと長めの動画ですが、最後までご覧くださると幸いです。

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】ビブラートができるまでのSTEP1 〜左手のフォームは準備OK⁉︎〜

今回はビブラートの第2弾になります。以前の動画では第1弾として、ビブラートに行くまでの全体の概要をお話しました。 ビブラートまでには3段階のフェーズがあると。 そしてこの第2弾での実践編として、3段階のうちの第1段階。左手のフォームについてお話ししています。 ビブラートができるようになるまでには、そもそもど...

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術 – 良い音色の6STEP】 一弓で音量変化の表現を。 〜デクレッシェンドまでを徹底解説‼︎〜

今回は以前に投稿した動画にいただいた質問コメントに、お答えする内容のトピックになります。「良い音色で弾くのに、どうしたらよいですか?」それと「フレーズ終わりに音を段々小さくしたい」という内容でした。 良い音色のために、こた二胡レクチャーシリーズの第2弾〜5弾で解説していたつもりで、そのようにコメントを返信し...

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】ビブラートができない‼︎〜3つのフェーズと実践フェーズ3つのCHECK POINT!!〜

来ましたね!ビブラート!ビブラートにはフェーズ(段階が)ある。というお話しをしています。 そのフェーズには3段階ありまして、3段階目は曲での実践。そして、その3段階目では、クリア必須の3つのチェックポイントがあるということも話しています。このチェックポイントがクリアできなければ、その前の2つの段階がクリアで...

二胡っとチャンネル
column

【二胡雑学】自分では音程取れてるって思ってたのに開放弦弾いた時に「あっ!!」ってなるヤツって…

二胡講義レッスンの動画の記事です。今回は、以前投稿した講義レッスン動画に、ご質問のコメントをいただいた動画に回答する形で内容を決めさせていただきました。ポジション移動で音程がずれやすくなる理由を解説しています。今回はやや長くなりますが、良かったら最後までご視聴ください。 そして、動画の最後でも言っていますが...

二胡っとチャンネル
column

【二胡技術】G調の4と5って指開きにくくない? ビブラートにも弊害がでる左手フォームを見直そう!

D調1ポジションを一通り終えて、G調に入った方以降に向けた内容です。外弦の4(ファ)と5(ソ)で中指と薬指を、全音の音程差を取るために広げないといけないのですが、その指って広がらないですよね。それには広げやすくするための左手のフォームが重要になってきます。そしてこのフォームは、ゆくゆくビブラートを習得しよう...