topics

1ヵ月以上前に遡ってしまいますが、過日の10月30日(日)に、第4回・2016年発表会が無事に終了いたしました。

今年初めて参加された生徒さん、もちろんバッチリ緊張されてました!!
でも大変なのは最初の一歩です。
イタい経験も、経験のうちです。
この経験を次に繋げていくことで確実にステップアップしてくださることでしょう!
そして、1つの壁を越えたという、なんとも言えない達成感。
僕なんぞ、何度その経験をしてきていることか!!
皆同じ道を通ってきます。
そして、発表会経験者のレベルアップが今年はとても素晴らしく感じられました。
音色が、表現が育っている方が多かったです。
この日の総評でも言ったことで、発表会前のあるレッスンで生徒さんの言ったことが、発表会の出場を目指す上で、まさしく僕の目指してる指導の理解をしていただけたので、この場でも取り上げさせていただきます。
発表会は、緊張に打ち勝って出場するという経験の場としてももちろん重要なのですが、もっと重要なのが、1曲を仕上げていくというプロセスです。
色んな曲をやって、いろんな技法を知っていくことももちろん重要ですが、この掘り下げる過程がないと、根本的な演奏力(表現力)の習得は難しいと思います。
今年は発表会経験者の方はそれを理解して、習得されているのが僕としてもとても嬉しかったです。
また来年が楽しみですね!

関連記事一覧