News 新着情報

HOME > 新着情報

基礎力強化レッスンのお申し込み状況
2015/07/07
先日お知らせいたしました『基礎力強化レッスン』のお申し込み状況についてお知らせいたします。
定員20名でお受けさせていただきまして、定員に近づいてまいりました。
参加をご検討中の方には、ぜひご参加いただけますようお願い申し上げます。
お申し込みはこちらの『2015年 基礎力強化レッスンのご案内』ページのフォームからお願いいたします。
多くの方のご参加をお待ちしております。
2015年7月7日
基礎力強化レッスン 日程変更のご案内
2015/07/03
先日お知らせした『2015年 基礎力強化レッスン』につきまして、日程を変更させていただくこととなりました。
参加をご検討されていた方に、大変申しわけなく思っております。
日程を
2015年9月5日(土)・6日(日)から

2015年8月29日(土)・30日(日)
に変更いたします。
お申し込みは先日記事『2015年 基礎力強化レッスンのご案内』のお申し込みフォームからお願いいたします。
多くの方のご参加をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

2015年7月3日

基礎力強化レッスン 日程変更のご案内

※クリックすると写真が拡大します。

2015年 基礎力強化レッスンのご案内
2015/06/30
「なぜ綺麗な音にならないの?」
「音程が、なかなか上手く取れないのはどうしてなんだろう?」
この二つは、二胡を習得する上で一番悩ましい課題ですね。
逆に言えば、これらを解決できれば、二胡ならではの魅力的な演奏になります。
「正しい基本動作にどれだけ時間をかけられるか?」
じれったいようですが、これ以外の一番の近道はなく、曲だけの練習だけではなかなか解決されません。
通常のレッスンでは、その正しい動作を習得できるように指導しておりますが、正しい動作の習得は「練習量」によってしか得られず、そのことに、如何に時間を割いて練習出来るかにかかっています。
動作そのものよりも、「その練習に時間をどれだけ作れるか?」と「それを続けるモチベーションを保つ」、それこそが一番難しいのではないでしょうか?
そのポイントから掘り下げて考案されたのが、こたにじゅん二胡教室教室の “強化レッスン”。
講師指導の下、2日間、計10時間をかけて、集中的に基本動作に特化した練習をするための短期集中型のプログラムです。
自己練習ではなく、講師が随時、参加者一人一人の動作をチェックしますので、誤った動作をしたときなどすぐに修正し、正しい動作で練習時間を費やせますので、たいへん効率的で密度の高い10時間と言えます。
レッスン内容は、講師こたにが考案・作成した、基本動作を細かく解説したテキストとメソッドに基づいて、レクチャー後に進めていきます。
テキストは強化レッスン修了後、お持ち帰りいただけます。
昨年までの過去2回は当教室の生徒のみを受付でしたが、今年は門を広げて、ご希望者には当教室以外の方々からも受講をお受付します。
重ねて申し上げますが、2日間10時間という当プログラムは、単発レッスンや自己練習では得られない成果をあげるために、熟考された内容のテキストとメソッドに基づく強化レッスンとなっております。この貴重な機会、ご自身のレベルアップのためにも是非ご利用ください。

2015年 基礎力強化レッスン
日時:2015年8月29日(土)・30日(日)の2日間 12:00~17:30
   ※受け付けは11:45からとなります。
会場:劇団東俳 シャトル館2F
   〒170-0003 東京都豊島区駒込1-37-13
   ※教室、また駒込駅から徒歩2分くらい
レッスン料:
こたに教室生徒:2日間16,200円(税込) 1日のみ 8.640円(税込)
こたに教室生徒ではない方:2日間18,360円(税込) 1日のみ9,720円(税込)
教材費:500円 
【強化レッスンについて】
強化レッスンでは様々なレベルの生徒さん達が一堂に会して受講されますが、それぞれのレベルや状況にあった課題に取り組んでいただき、各々がレベルアップできる内容になっております。
〈カリキュラム〉
●1日目:音楽的な音色を奏でるために
その1.弓
美しい音色を生み出すのに、大きな意味があるのが弓の使い方です。
初級者には主に長弓の綺麗さを、中級者には様々な長さの弓や、色々な音色の作り方を集中的に練習します。
また右手だけに内容を絞りすぎると、左手と合わせる応用が利かなくなってしまいますので、初級者にはポジション移動のない左手を含めた右手の使い方、中上級者にはポジション移動を含めた右手の使い方も練習します。
上級者にはビブラートも加えていきます。
●2日目:音程をより正確に捉えるために
初級の生徒にはドレミファソラシドの1音ずつの音程差を耳で捉えていきながら、2音差、3音差も捉える訓練をし、音程の場所を刷り込んでいく練習です。
中級の生徒にはポジション移動でも音程の感覚をつかめるようにし、更に広い音程差を捉え、音程の場所を刷り込んでいきます。
上級者には3ポジション以降の音階練習を繰り返し、弦の場所による音階の間隔をつかんでいきます。
また、ビブラートを入れたり、快弓も使えるようにしていきます。
【お申し込みについて】
お申し込みは、下記応募フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
お名前(必須)

ご住所(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

参加日(必須)

コメント(必須)

上記の内容でお間違いがなければ、チェックボックスにチェックを入れて送信ボタンを押してください。(必須)
送信 »
2015年6月30日

2015年 基礎力強化レッスンのご案内

※クリックすると写真が拡大します。

にこえん本舗 at 鶴巻温泉病院 二胡のボランティア演奏をしました
2015/06/24
6月20日、当教室の生徒さんのボランティア演奏グループ「にこえん本舗」で、神奈川県の鶴巻温泉病院に演奏して参りました。
とても大きな病院で、当日の演奏会場は病院内の多目的ホール。
広々とした気持ちの良い空間で、音響設備もバッチリそろっていました。
この日は、ご利用者さんとそのご家族、そして病院のスタッフさん方が聴いていただきました。
紫陽花の季節にちなんで‥と、今回の演奏参加のKさんが、なんと出演者全員分の「譜面隠し」を作ってくださいました。
とても綺麗なので、いくつか画像を載せますね。

生徒さんたち、今回はじめてボランティア演奏に参加された方もいらっしゃいましたが、演奏とお話しでしっかりコミニュケーションをとれて、本当に良い空間を作れて、とても良かったですよ。
アンコールもいただき、そのあとはご利用者さんと一緒に写真をとったり、少しお話しさせていただいたりもしました。
一時間ほどでしたが、演奏中に立ち上がられたりする方もなく、皆さん、最初から最後まで聴いてくださってました。
終演後は、病院のスタッフさんから「ネットで検索して、(この教室を)見つけることが出来て本当に良かったです!」ととても喜んでいただき、
「ぜひまたお願いします!」と言っていただけました!!
そしてそして、今回の演奏に参加してくださった方々のレポートです。
皆さん、それぞれに思いを込めて、とても丁寧に書いてくださったので、全部掲載したいと思います。
(五十音順にご紹介します)
■K・Iさん
ボランティアは、無償で誰かの役に立つ為に行う事だと思っていた考えは、前回の虎ノ門ボランティア同様、経験してみて、それはほんの一部の事だとわかりました。
以前、インフルエンザから脳症を発症して、普通の生活を送れない息子さんを持つ友人に、音楽療法がとても精神面や脳に良い影響を及ぼす、と聞いたことがありました。ピアノを少しだけ弾けた私は、何かの役に立ちたいとは思いましたが、何の知識も持たない私が踏み込んで良い領域ではない気がして、何もしてあげない選択をしてしまった事があります。
この事は、ずっと私のこころに引っかかっていました。
思いがけず前回と今回、お声をかけていただいて、「何だか楽しそう」という思いだけで参加して、実際凄く楽しくて、気負わず参加出来た事が反って良かったんだなと思いました。
色々な思いが溢れ過ぎて、頭でっかちで演奏しても、聞いてくださる人は楽しくないのではと思います。
勿論、きちんと演奏することは基本ですが、「短い時間を一緒に楽しく過ごそう」こんな気持ちを持っていれば、誰でもボランティアは出来るんだなと思いました。
今回は、入院している患者さんたちに聞いていただきました。体調が万全でないのに、1時間余り聞いてくださることは私たちが思っている以上に大変だったと思います。
でも演奏後、「いつも呆然と聞いている方が多いのに、今回はとても盛り上がりましたよ」と職員の方に言っていただけて、ほっとしました。
そして患者さんの中には、二胡を病室に持参しているけれども、手がご不自由で弾くことができない方が、私たちの演奏を涙を流しながらお聞きになられたと聞いて、万感こみ上げるものがありました。
聞いて下さる方の思いは様々です。又演奏する私たちの思いも様々です。でも同じ空間をひと時でも共有して、同じ音楽を聴くこと(弾くこと)って素晴しいことだと思いました。又こんな素敵時間の共有に参加したいと思いました。
最後に、今回ご一緒させて頂いた演奏チームの方々へ
一緒に演奏させて頂いて本当に楽しかったです。ありがとうございました。そして、なにより皆さんのずば抜けたMC力に感銘を受けました。
よどみなく流れる言葉。お客さんの心を掴む言葉。芸達者?勢ぞろいでした。どこかのMCの事務所に所属していたのでは?と思える程でしたよ。凄く勉強になりました。ありがとうございます。
又、是非ご一緒させてください。よろしくお願いします。
最後の最後に
こんな素敵な機会を作って下さった、こたに先生えりかさん ありがとうございました。これからもよろしくご指導お願いいたします。
■K・Yさん(ボランティア演奏初参加)
二胡を習い始めて5年が過ぎ6年目に突入しようとしています。
楽器経験がなく譜面もまともに読めなかった(いまだに譜読みはニガテ)自分が、人前で演奏していることに信じられない思いです。
発表会、毎月の二胡のイベントで人前で弾く度胸と楽しさを身につけた上での、ボランティア演奏初参加でした。
お客様の前で演奏するという気負いはなく、今自分に出来る100%を届けられたらいいなあとの思いが勝っていたと思います。
一緒に演奏した仲間に助けられたのも大きかったです。
緊張することなく楽しく演奏出来ました。
聴いていただいた方にも喜んでいただけたようでとっても嬉しかったです。
まだまだ拙い演奏ですが、喜んでいただけると励みになります。
もっと頑張らねば(`・ω・´)
今回のボラティア演奏に参加出来たのは、これまでの経験で人前で弾く機会(発表会、二胡イベント)に積極的に参加してこられたことがとても影響しています。
そんな活動を積極的に催してくれるこたに先生、教室の仲間に感謝です。
ありがとうございます!
■K・Sさん
とても楽しいボラ演旅行でした(笑)
患者さん方がいつもより盛り上がっていらした、とか、涙を流して聴いて下さった、とか、こちらも感動を頂きました。
また、今回演奏者が多かったこともあり、多人数での合奏の魅力や、皆んなでひとつの舞台をやる楽しさなどもあらためて感じました。
ありがとうございました!
■N・Kさん
今回のボランティア演奏も皆さんに支えていただき、楽しく参加させていただきました。
今回の目標のひとつは、怖い顔ではなく笑顔で楽しく演奏することでした。意識をしてやってみて分かったのは、意識をしないとすぐ怖い顔になっているであろうということです。聴いてくれる皆さんに楽しんでいただけるようにこれから頑張って笑顔で演奏できるようにしていきたいと思います。
又、メンバーの素敵なMCが会場を温かくしていたのが印象的で勉強させていただきました。
病院のスタッフの方から演奏後にお話を聞き、色んな思いを持った様々な方が聴いてくれているということを実感することができました。
ありがとうございました。
■S・Yさん(ボランティア演奏初参加)
今回は初めて参加でした。
発表会以外での人前の演奏からして初めてだったので、正直、緊張し過ぎて胃から何か産まれそうな本番でした。
でも、終わってみての感想は緊張に勝る喜びでした。
曲に合わせて歌を口ずさんでいる方や、お身体が少し不自由そうな方が、動かせる片手で一生懸命手拍子してくれたりと、
楽しんで頂けてることに気付いたときほんとに嬉しかったです。
終わった後も『来てくれてありがとう』とか『二胡の音は素敵ですね』と声を掛けて頂きました。
この度はいい機会を頂きました。また参加したいです!
皆さん、人前で、ただ演奏する以外の大切なことも、たくさん経験されてますね。
楽しんで、喜んでもらえて、その場が音楽に包まれて、ひとつのエネルギーになる感覚。
今後もできるだけ多くの機会、感じていってもらいたいです。
皆さん、お疲れさまでした!
2015年6月24日

にこえん本舗 at 鶴巻温泉病院 二胡のボランティア演奏をしました

※クリックすると写真が拡大します。

甲府教室 第2回発表会が終了しました
2015/06/14
先月5月31日(日)にこたにじゅん二胡教室 甲府教室で、第2回発表会が開催されました。
第1回目は昨年10月に開催しましたので、生徒皆さんにとっては半年後の忙しい出場となりました。
甲府の皆さんすみません。。
来年は1年後になりますからね!
半年とはいえ、皆さんのレベルアップが本当に素晴らしかったです。
昨年よりも生徒さんも増えました!

ネックになっているのは、甲府への出張に月2回だけだとこれ以上クラスを増やせないのが残念なのです。
お問い合わせはいただいているのですが…。
今年は昨年よりもいらしたお客さんも多く、甲府教室も発展と、山梨での二胡普及に向けて前進できたように思います。
また来年、甲府の生徒皆さんと発表会の舞台に立つのが楽しみです!
2015年6月14日

甲府教室 第2回発表会が終了しました

※クリックすると写真が拡大します。

駒込のデイケアサービスセンターで演奏しました
2015/06/11
先月5月30日になりますが、当教室の生徒さんお二人が駒込のデイケアサービスセンター “デイフォーラム染井吉野” で演奏をしてきました。
これまで教室でのボランティアチームで活動するための名前を特には決めてこなかったのですが、ある演奏の機会に名前を聞かれたことがきっかけでチーム名を決めることにしました。
二胡で紡がれるご縁が広がっていくこと、そして二胡で良い音楽・良い演奏を提供できる団体になることを願って “にこえん本舗” という名前にしました。
いつもは4〜5名くらいで演奏することが多かったのですが、この日の出演者は2名。
数人で弾くことの安心感から、2人だけの緊張感が出てきます。
それでもしっかりと演奏をしつつ、センターの職員さんに二胡を体験していただくということを考えられ、それを皆さんに観ていただくことを楽しんでいただきました。
施設の方からも「またぜひよろしくお願いします!」というお言葉もいただき、聴いていただいた皆さまにも音楽をお届けできたのではないでしょうか。

以下、演奏された生徒さんたちの感想です。
●お世話になりました。
初めてのMCにすごく緊張しました。楽しかった、というところまでは到底いきませんでしたが、よい経験になりました。Nさんには頼りっぱなしで、本当に感謝です。
●土曜日はどうもありがとうございました!
区民センターでのお披露目会も含めて今回は5回目のボランティア演奏でした。今では4~5人での演奏でしたが、今回は2人ということで今までにない緊張がありましたが、少し慣れてきたのか手の震えはほぼなく、笑顔で(演奏中は分かりませんが)いられたと思います。
少しずつ気もまわってきて、演奏以外のところも、次回はこうしたらいいなと考えることもできました。
これからも練習を重ねて、参加させていただき、楽しんでもらえる演奏ができたらいいなと思いました!
2015年6月11日

駒込のデイケアサービスセンターで演奏しました

※クリックすると写真が拡大します。

back