News 新着情報

HOME > 新着情報

生徒さん二胡成長記録動画:2年目
2016/05/02
今日は生徒さんの動画シリーズです!
ついに二胡歴2年を向かえましたね!!
生徒さん2年目の動画紹介です!

ん〜!色々良いこと書いてくれてます(^_^)
運指運弓は大切ですね。
アーティキュレーション…
いくつか検索してみました。
Wikipedia – アーティキュレーション_(音楽)
ザ・オーケストラ – フレージングとアーティキュレーション
もうすっかり過去の産物になってしまったかのような僕の過去記事:旋律楽器においてのジャンルと弱起
それと二胡のキー定義ですね。。
五線譜面でもGメジャーとEマイナーは譜面上では#1つです。
それがGメジャーかEマイナーかは、曲から判断することになります。
二胡の場合は1(ド)の音が固定ドでいうところのどこになるかを設定するだけです。。
が、ここで重要になるのが “音階” というものになります。
音階…また今度にしましょう。
…果たして今度はあるのか!?
@aikoさんの演奏は原曲の歌い方のような表現ができてますね!
ああいう曲の難しいのは拍間をタイで繋げる運弓と、アクセントが拍の頭こ来ない複雑な右手の使い方。
そして短い音の仲に詰めるパンチ力。
左手も難しそうですが、本当に大切なのは…右手です。
また、自分で弾きたい曲を、自分で譜面に起こすというモチベーションが素晴らしいです。
この手のJ-POPはちょっとずつ曲を小刻みに止めながら何度も聴かないと、タイを書き込むのに相当苦労します。

こたに二胡リサイタル “純音 -JUN ON-” チケットの残席状況 3/28現在
2016/03/28
こたに二胡リサイタルの残席状況です。

先日のブログで、お昼の部の空き1席とお知らせしましたが、おかげ様で完売となりました。
ちょうど時間差でお昼へのお申し込みが続いてしまい、後にお申し込みいただいたかたには大変申しわけありませんが、ご都合つきましたら夕の部へのお申し込みをしていただければ幸いです。
そして、その夕方の部も残席僅かとなりました。
本当にありがとうございます!
リサイタルお申し込みはこちらの記事の投稿フォームから!
久しぶりにこたにがブログを書きましたので、そちらもぜひご覧ください。
2016年3月28日

こたに二胡リサイタル “純音 -JUN ON-”  チケットの残席状況 3/28現在

※クリックすると写真が拡大します。

こたに二胡リサイタル “純音 -JUN ON-” チケットの残席状況 3/14現在
2016/03/14
こたに二胡リサイタルの残席状況です。

お昼の部は、夕の部への変更が1席あり、お昼の部が残席1枚となりました。
お昼だったらいらっしゃれる、という方はぜひお申し込みください。
夕の部もありがたくお申し込みをいただいておりまして、残りが10席ほどとなりました。
残席数が少なくなってまいりましたので、ご検討中の方はぜひお早めのお申し込みをお願いいたします。
多くの方のお越しを、お待ちしております。
お申し込みはこちらの記事の投稿フォームから!
2016年3月14日

こたに二胡リサイタル “純音 -JUN ON-” チケットの残席状況 3/14現在

※クリックすると写真が拡大します。

二胡基礎強化レッスン 下関へ出張に行きました
2016/02/01
昨年こたにじゅん二胡教室で開催された基礎強化レッスン。
その内容を教室のブログを見てくださった下関の廣崎さんがお声かけくださり、下関へ出張に2日間、前後の移動日含めて4日間行ってきました。
強化レッスンについては過去記事をご覧ください。
→基礎強化レッスンが終了しました-1
→基礎強化レッスンが終了しました-2
この内容を下関の生徒の皆さん、疲れちゃわないかどうか心配でした。
同じような動作を長時間続けて定着させるという、内容としては決して優しいものではないです。
でも受講された皆さん、終わった後に受けて良かったと言っていただき、とてもホッとしました。
「動作の意味がよく理解できた。」
「どんなことに気をつけて練習すれば良いのかがわかった。」
「自分の課題がよく分かった。」
そう行っていただけて、下関まで行って本当に良かったです。
他にもこのHPや、こたにのブログを見てくださってた北九州市の方と、大阪の方から連絡をいただきまして、下関でやりますとお伝えしたら「ぜひ受けたい」とおっしゃっていただき、遠方からご参加いただきました。

受講された皆さま、本当にお疲れさまでした!
ぜひまた下関へ行きたいです!
強化レッスンを終えた後のブログはこちら!
2016年2月1日

二胡基礎強化レッスン 下関へ出張に行きました

※クリックすると写真が拡大します。

こたにじゅん二胡リサイタル 純音 -JUN ON-
2016/01/29
息をのむような微細な二胡の生音が隅々まで響き渡るリサイタルホール。
全曲オリジナルで贈るこたにの音楽世界。
興業ビジネスが成立しにくい現代で、二胡奏者としての自身のあり方を問い、大成へと模索する中、歩むのが同様に難しい道なら、アーティストとしての自分を表現することに尽力した方が良いのではないかと思うに至りました。
自分の強みとは?やるべきことは?
そもそも本当にやりたいことは?
そんな思いから、全曲オリジナルでのアンプラグドリサイタルを開催することを決めました。
アップテンポ、ブルース、R&B、民謡調、独奏曲、そして真骨頂のバラード。
曲調の幅広さと印象に深く残るメロディーラインで、聴く者を飽きさせず心に深く届けることを心情に創り上げたオリジナル曲。
音量の極大から極小までを引き出す演奏構成。ささやくかのような音までも音楽にする世界。
会場には一昨年に開催した、完全生音でも微細な音が隅々まで響き渡るラ リール。
生の音、静寂の音、創造の音。
スピーカーやイヤホンからは絶対に再現できない音、感じれない空気。
リアルな音楽にどっぷりと浸かり、胸に詰まりくる想いを感じたい人にこそ聴いていただきたいリサイタルです。
心からお待ちしています。
純音 -JUN ON-
生の音、静寂の音、創造の音。

日 時:2016年4月10日(日)
    昼の部:14:00開場/14:30開演 [Sold Out]
    夕の部:17:30開場/18:00開演 [残席僅か]
場 所:La Lyre[ラ リール]
出 演:こたに じゅん(二胡)、見田 諭(Gt.)、
    高橋 亮一(津軽三味線)
料 金:全席自由
    前売:¥3,000(税込)
    当日:¥3,500(税込)
    いいね!・メルマガ割り:¥2,700(税込)
    プレミアム割り[優先席]:¥2,500(税込)
※昼・夕2回開催-どちらも演目内容は同じです。ご希望の部をお申し込みください。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※チケットをご発送の場合、ご注文枚数に関わらず、一律200円が別途かかります。
※お振り込み手数料はお客様にご負担いただきます。ご了承ください。
お申し込み:下欄のお申し込みフォーム、もしくは当サイトのコンタクトフォームからお申し込みいただけます。
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

ご住所(必須)

ご希望の部(必須)

ご注文枚数(必須)

割引の種類はございますか?(必須)

コメント

お間違えがなければ、左のチェックボックスにチェックしていただき、送信ボタンを押してください。(必須)
送信 »
2016年1月29日

こたにじゅん二胡リサイタル 純音 -JUN ON-

※クリックすると写真が拡大します。

生徒さん二胡成長記録動画:1年9ヶ月目
2016/01/15
生徒さんの動画シリーズ。
もうおなじみになってきましたね!
このコーナー、経験年数のある方からの反響が、自分が思ってた以上に大きくてビックリです!
勿論!!!…お、教える内容が良いのでしょうが(´Д` )
何よりも@aikoさんがそれだけ練習しているからです。
僕が1年9ヵ月目の時はこんなに弾けなかったですから。。
と言いつつも、もう1年9ヵ月。
もうすぐ2年じゃないですか!!
本当に早いものです。
生徒さん1年9ヵ月目の動画紹介です!

この粉雪は僕が以前ライブでやった時に譜面に起こしたものです。
@aikoさん弾きながらも「音外した〜」的な笑みを浮かべてますが…難易度は高いです。
本来ポジション移動をしなくても取れる音を内弦の2ポジションで取ったり、かと思えば外弦で上に上がったり…
教材としてではなく、内外弦の音色の違いを音楽表現として聴かせるためです。
その分ポジションを動かさなければならず、音程を取るという意味ではかなりリスキーです。
が、ちゃんとハマった時は、内弦の音で出す表現、外弦の音で出す表現が、曲の立体感をより広げます。
また、僕も現代ポップスをやって来て思ったのは、弓の楽器で拍頭にアクセントがない曲は難しいです。
現代ポップスの特徴でもあると思っているのですが、拍間をタイで繋げるべき曲を拍頭に持ってきてしまうと、とたんに雰囲気が変わってきてしまいます。
粉雪はメジャー調なのですがマイナー調の曲になると演歌感が出てきてしまいます。
そこはしっかりと押さえている@aikoさん。
これからが楽しみですね!
にしても、良い曲だ!
音域広い(´Д` )

back