2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
dot01

最新情報

dot01

カテゴリ

dot01

sidett_arc


dot01

コンテンツ

教室で二胡のボランティア演奏をしました

先月にも記事にしましたが、教室で請け負う二胡のボランティア演奏を、生徒さんにしてもらいに行きました。
今回で2回目になります。

演奏2

10656222_628359273944956_2031210751_n

演奏場所は前回同様“とらトピア高齢者在宅サービスセンター

僕は同席できなかったのですが演奏してくれた生徒さん達からの報告によると、聴いてくださったサービスセンターの方も一緒に歌って大層喜んでくださったようです!
そしてその反応を受けた生徒さんも、とってもやりがいを感じてくれて、楽しんで演奏できたようで、良い音楽コミュニケーションが取れたのはとっても嬉しいお知らせでした!
僕が想い描いていた教室像を一つ実現できました。

講義や教科書でも、また、発表会でも得られない知識や経験を、肌感覚で得られたんじゃないかと思います。

経営的な話になりますが、手探りで始めた教室も、続けてきた中で得られたことがありました。
僕にとっては嬉しくてとってもありがたいことでして、僕が思っていた以上に演奏力を求めて入会してくださる方が多かったんです。

最初は二胡を弾いたことがなくても、楽しい趣味としてやっていきたい方に、日本人講師としての強みがあるのかな?と思っていました。
二胡を普及させていきたいと言う意味でも、未経験者に多く入ってもらえるような教室になると良いなとも思っていたのです。
個人教室に一本化してから3年。
気がついたら、経験者の方が多かったんです。

あとあと考えてみたら個人レッスン主体のこの教室は、未経験者にとってこそ一人で始める不安があるのかもしれません。
グループレッスンだから安心できる、という方を選択したくなるでしょう。
本場の中国の奏者に教われた方がしっかりしたものが得られるとも思うでしょう。

もちろん未経験者で始めたいという方も大歓迎ですが、経験者が更なる技術向上を求めて、そしてこの教室のレッスン内容をとても気に入って継続してくださっていることに、教室の発展と、二胡普及への確かな手応えを感じています。

だからこそ、そういう方に必要なのが発表の場だと思ったんです。
そして発表の場として相応しいのは、発表会のような改まりすぎた場ではなく、音楽の楽しさを身近でダイレクトに感情で表してくださるオーディエンスがいる場なんです。

これまで自分が積み上げてきたものが、人に喜んでいただける喜び。
芸術とはなんぞやという高尚な議論とはまた違うんです。
それを否定しているのではありません。
日常の何気ない鼻唄の中になぜか涙してしまう芸術が、発する側と受け取る側との相互性でこそ成り立つ芸術がある喜び。

そんな喜びの支えになれるように、この教室がなれるとイイなぁと思うようになりました。
出演された方たち、お疲れさまでした!

2014年8月31日

  • mixiチェック
  • Share (facebook)
newsdot
無料体験随時受付中 dot01

関連リンク

  • アカラ
  • こたにじゅんBLOG
  • 椿二胡工房
  • MAC Corporation
  • 二胡de遊び隊Twitterbn_youtube_off
dot01