News 新着情報

HOME > 新着情報

にこえん本舗 11月のボランティア二胡演奏
2017/11/30
11月11日(土)
当教室の二胡ボランティア演奏チーム『にこえん本舗』でのボランティア演奏をしてきました。
今回は新たにチームに加わった初参加のメンバーのレポートを掲載いたします。

〜・〜・〜・〜・〜

今回初めて鶴巻温泉病院にボランティア演奏に行きました。
発表会以外に人前で弾いたことがないので、不安と緊張もあり前日に悪夢も見ました。
とても不安でしたが、メンバーの方が「1人じゃないから大丈夫。」と言ってくださり、みんなと一緒に演奏すると思うと、心強さを感じました。
本番前は緊張しましたが、お客さんが一緒に歌ってくださったり手拍子してくださったりと、一緒に音楽を楽しんでいる感覚があり、あっという間に時間が過ぎてしまった感じでした。
リハーサルで弾けなかった曲も本番ではなんとか間違えずに弾けて、メンバーの方に「よかったよ。」と言っていただけて、本当に嬉しかったです。
発表会とは違い、仲間と一緒に音楽を楽しむことができて本当に良かったです。

にこえん本舗 11月のボランティア二胡演奏

※クリックすると写真が拡大します。

にこえん本舗 10月のボランティア二胡演奏
2017/11/28
10月29日(日)
当教室の二胡ボランティア演奏チーム『にこえん本舗』でのボランティア演奏をしてきました。
参加されたメンバーの方のレポートを掲載いたします。

〜・〜・〜・〜・〜

10月らしい爽やかな天気の中、会場に向けて出発。
できたら良かったのですが、台風が接近し生憎の雨。
今回もメンバーは心強い方ばかりなのですが、なぜか雨に降られる事が多いです。

会場は要町のグランダ要町。
セットリストはお馴染みの7曲。
蘇州夜曲は好きな方は多く、毎回必ず大きな歌声が聞こえます。
今回の発見はドナウ川のさざなみに歌詞があった事。
気になって調べてみた所、田村貞一さんが作詞をし、1902年に慶応大学で斉唱された。とありました。
演奏が終わり退場をする時に、お婆ちゃんから「もう帰っちゃうの?」と、声をかけられました。
二胡を始めて間もない頃、大伯母の入る施設に行き、同じ台詞を言われたのを思い出しました。
最高の誉め言葉だと思っています。

にこえん本舗 10月のボランティア二胡演奏

※クリックすると写真が拡大します。

個人レッスンの入会申し込みを再開します
2017/11/07
当教室では暫く個人レッスンの受け付けを停止しておりましたが、この度再開することといたします。
HP上で正式に料金ページの改定をするのは12月になりますが、現時点からでも受け付けを開始いたします。

また、料金の方も来年の3月を目処に改定させていただく予定です。
こちらはその際に正式にご案内させていただきます。

ご了承くださいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
上海で二胡ライブ
2017/10/20
講師のこたにが、歌と二胡のユニット “アカラ” で上海にて演奏をしました。
その模様がブログにアップされていますので、よろしければご覧ください。

上海 1日目
上海2日目 ライブ
上海3日目 無錫、そして帰国
こたに じゅん 二胡LIVE “HISTORY”
2017/10/09
ご無沙汰してます!
ここ数年は、毎年3〜4月にソロリサイタルを開催していました。
今年はそこから半年以上経ってのソロライブを開催します!!

…1年8ヵ月ぶりか…

二胡奏者になって、二胡の講師になって、結構経った気がしてます。
二胡を仕事にし始めた頃は、これまで経験してなかったことばかり。
でも続けていると、それまでは見えなかったことにも気づけてきたことがあります。

ここ2年ほど思索していることがありまして…
自分は積極的にアピールできる人間ではないので、今の状態でこのまま続けてもここからの発展は難しいのかとも思っています。
外へ向けてアピールする…ということが苦手な分、内に向かっての作業…作曲したり練習したり、どう引けば今より良く聞こえるかの研究の方が好きなんですね。
で、2〜3年前はと言えば、それでも自分にしては外に向けて頑張ったんじゃないかと思っています。
頑張ってると自分では思っているだけで、それでも目に見えた成果が感じられない時間が続くと、さすがに疲れてきます。
でもコンサートで演奏すると、1回1回がまだまだ成長を感じますし、昨日より更に深く音楽の中に入っていけてる実感があります。
何よりも音楽が、演奏が楽しいです。

かといって演奏力がズハ抜けてスゴいというわけでもなく、演奏力に勝る中国人二胡奏者はいっぱいいますし、何よりも二胡のアイデンティティは中国にあります。
日本人である私が二胡で発展していくには、それをも越える抜きん出たものがなくては成し得ないと思っているんです。

自分の強みは、いかに歌ものの曲を歌ってるように表現力豊かに弾けるかということと、創造力だと勝手に思っているので、何かしらそれを活かし、二胡を用いた手段を考えつきたく、それを思索しています。
なんかモヤッとしたものは見えているのですが、まだハッキリとした手段や、具体的な作品のイメージはつかめません。
あともうちょっと〜!っていう感じはあるんですが…。

二胡が好きだからこそ、二胡で生きていきたいし、その為に悩み苦しむこともあります。
何のために二胡を始めたんだろう?
始めた時の純粋な楽しさと、音楽を楽しむため(楽しい曲だけという意味ではないです)に現状の頑張ってたこととの差異を感じ、だから、この2年ほどは外へ向けての積極的なプロモーション的な発信はせず、肩の力を抜くことにしていました。

そこで原点に戻る。というまでではありませんが、改めて私がこれまで影響を受けてきた音楽を、今回は自分自身で辿ってみようと思いました。
“HISTORY”で今一度、音楽を振り返ってみようと思います。

メンバーには久しぶりのピアノのどぼんさん、ギターの見田さんを迎えてお送りします。
演奏会場は広いホールではありませんが、雰囲気の良いささやかな空間です。
ぜひいらしてください!


こたに じゅん 二胡LIVE
“HISTORY”
雑色系二胡奏者 ルーツを辿るものがたり
日 時:2017年11月18日(土)
    昼の部 - 13:30開場 14:00開演
    夜の部 - 18:00開場 18:30開
場 所:榎の樹ホール(ENOKI-HALL)
出 演:こたに じゅん(二胡)、田中“どぼん”俊光(Pf.)
    見田 諭(Gt.)
料 金:全席自由
    前売:¥3,500(税込)
    当日:¥4,000(税込)
お問い合わせ:アカラ 03-5981-9257
お申し込み:チケットお申し込みサイト“TIGET”のお申し込みフォームから、もしくは“二胡奏者こたにじゅん”サイトのお申し込みフォームからお申し込みください。

※“二胡奏者こたにじゅん”サイトのお申し込みフォームからのお申し込みの場合は、別途銀行振り込みの手数料がかかります。
※昼・夕2回開催-どちらも演目内容は同じです。ご希望の部をお申し込みください。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

こたに じゅん 二胡LIVE “HISTORY”

※クリックすると写真が拡大します。

こたに二胡教室 東京教室の発表会が終わりました
2017/10/08
昨日10月7日(土)、東京校の発表会が無事に終了しました。

第5回となる発表会、5回も開催できたことがまず嬉しい限りです。
今年出場初めての新しい生徒さんは、まず初めての舞台という高いハードルを見事に越えてくれました!
発表会常連組の皆さん、1年1年、音色が深まっているのがわかります!

毎年、甲府の教室の方でも思うのですが、今年は5回目という1つの節目を迎えてなお一層…発表会ってこの日を迎えるまでが正直大変ですが、皆さんの終わった後のスッキリした笑顔を見ると、やっぱりやって良かったなぁと思います。
僕も生徒さんから沢山の刺激をいただきます。

合奏の『聖者の行進』で手拍子があった時は嬉しかったなあ。
その場で弾いてても、良いハーモニーと心地良いノリの良さが伝わってきました。

みんな最高!!
参加された皆さま、お疲れさまでした!

また、毎回多くの方に手伝っていただき、支えられて開催できてます。
改めて感謝申し上げます。

今回の発表会のために無伴奏だったオリジナル曲『弦紬(いとつむぎ)』に伴奏アレンジしてくださった、穂積恭子先生、ありがとうございました!

写真は終わった後の開放感!

こたに二胡教室 東京教室の発表会が終わりました

※クリックすると写真が拡大します。