Lecture 講師紹介

HOME > 講師紹介

講師紹介Lecturer

こたに じゅん

こたに じゅん

グラフィックデザイナーを生業としていた2002年、偶然聴いた二胡の音色に感銘を受け、自己表現の新しい可能性を感じて二胡の世界へ。わずか3年後の2005年に二胡演奏家としての活動を開始し、以来、日本人では数少ないプロの二胡奏者としてコンサート活動を展開している。

その演奏スタイルの特徴は、ジャンルを超える楽曲の幅広さと、演奏表現の豊かさにある。
日本文化特有の繊細さと間を活かした演奏で、日本人が幼い頃から慣れ親しんできた童謡、唱歌、歌謡曲を演奏すると思いきや、J-POP、アニメソング、ゲーム音楽などの現代ミュージックに独自のアレンジを加え、時にコミカルに、時に力強く、独特の音楽世界を創出。さらに、スタンダードな中国曲や民族音楽はもちろん、二胡とはかけ離れたR&Bなども弾きこなすが、あふれる抒情が聴く者の胸にさまざまな情景を活写するオリジナル曲こそ、こたに じゅんの真骨頂といえるだろう。
二胡の特徴である流麗な音色、ダイナミクスレンジを充分に活かした演奏力と幅広いレパートリー、そして、情感あふれるオリジナル楽曲の旋律。型にはまらず、伝統と独創が調和したその音楽世界は支持者も多く、ヒーリングサウンドや民族楽器としての二胡の魅力に新たな風を吹き込む日本人二胡奏者として注目されている。
2010年11月にリリースしたファーストアルバム『雪の降る空』では自ら全曲を作編曲。ソロ以外に、歌と二胡のユニット“アカラ”での活動、アーティストのレコーディングサポート、舞台演劇・朗読などでの共演や楽曲提供もこなす。

また津軽三味線やディジュリドゥ、ボイスパーカッションなど、ジャンルを超えたセッションを通じて、音楽表現の新しい試みも意欲的に展開している。
2011年“アカラ”で名古屋・関西ツアーを実施。同月に両国国技館への出演も果たす。また、二胡の本場中国上海にて、2年連続となる公演を開催、演奏会場では来客数記録を更新するなど、活躍の場を国内外へと、精力的に広げ続けている。
2006年より二胡講師としても活動をはじめ、都内各所で講師の経験を積む。2010年、高韶青に師事し、韶山會二胡講師育成コース修了。同年7月『こたにじゅん二胡教室』を開設。現在までに200名以上を指導。

CD: 『ムダイ』(アカラ/2009年)、『雪の降る空』(こたにじゅん/2010年)、『無言の空』(アカラ/2012年)
TV 出演: UTY 「ニュースの星・春分の日胡弓コンサート」ほか
ラジオ出演: FM FUJI「S tadium Rock」(2008年)、NHK 甲府(2010年)、東京ネットラジオ(2011年)、Y B S ラジオ「765マックス」(2012年)ほか
新聞掲載: 埼玉新聞、山梨日日新聞、東京新聞