column 二胡動画/コラム

HOME > 二胡コラム > 二胡を演奏する前に欠かせない「チューニング」

二胡動画
2017年04月12日

二胡を演奏する前に欠かせない「チューニング」

■ 二胡を演奏する前に「チューニング」を確認しよう!

チューニング(調弦)とは、楽器の音程を正しく設定することを指します。楽器は演奏するうちに音程がずれてしまうことがあり、特に二胡のような弦楽器は糸巻きのゆるみや衝撃などでチューニングがずれやすいです。

素敵なハーモニーで演奏するには、しっかりチューニングすることが大切です。二胡を演奏する前には、チューニングが合っているかを必ず確認しましょう。

二胡を演奏する前に欠かせない「チューニング」

■ 二胡のチューニング方法~演奏する前に奏者がチェックするポイント~



二胡は、2つの糸巻きを回しながら開放弦の音を合わせます。上の糸巻きで内弦、下の糸巻きで外弦を調整していきましょう。チューニングをする際は、糸巻きを穴に押し込みながら回すと弦が緩むのを防げます。糸巻きを一気に回すと弦が切れてしまう可能性がありますので、音の変化を感じながらゆっくりと回していくのがポイントです。

「こたにじゅん二胡教室」では、二胡のチューニング方法をはじめ、持ち方や弾き方を基礎から丁寧に指導しています。経験者はもちろん、未経験の方もぜひ「こたにじゅん二胡教室」へお越しください。個人レッスン・グループレッスンをご用意しており、無料体験も実施しています。お気軽にご参加ください。

■ 二胡を楽しく学ぶなら「こたにじゅん二胡教室」へ~東京・山梨で二胡を体験しませんか?~

「こたにじゅん二胡教室」は、二胡を通して音楽の楽しさを多くの方に感じて欲しいという思いから開いた教室です。

中国伝統の弓奏楽器である二胡は、聴く人を癒す流麗な音色が特徴です。

弾き方によって、様々な表情を奏でることができますので、自分だけの音を奏でる楽しさをぜひ味わってください。

教室は東京(豊島区)と山梨(甲府市)の2箇所にあり、現役のプロである二胡の奏者が丁寧できめ細かいレッスンを行います。生徒さんが音楽の楽しさや楽器が弾けた時の喜びを感じられるよう誠心誠意努めます。「楽器を始めたい」「二胡を体験してみたい」という方はお気軽にご連絡ください。

back

Column List