column 二胡動画/コラム

HOME > 二胡コラム > 楽しく二胡レッスンを続けるための お手入れ方法

二胡動画
2017年04月10日

楽しく二胡レッスンを続けるための お手入れ方法

■お手入れすることの大切さ

どんな楽器でも言えることですが、お手入れを怠ってしまうと楽器の質が下がってしまいます。使い続ければ消耗するのは当たり前ですが、きちんとお手入れを行うことで、良い音が出る状態を長続きさせることができます。

中には、交換できるパーツもありますが、交換できないパーツが破損してしまった場合は買い替えを検討しなくてはならなくなります。特に二胡はとても繊細な楽器なので、取り扱いには注意してください。

■練習や演奏後のお手入れ

二胡は練習や演奏をした後に、しっかりとお手入れすることが大切です。使用後の二胡には、弓に塗った松脂や手垢、汗などが付着しているので、楽器屋で販売している楽器クロスや、なければ柔らかいガーゼなどで乾拭きするようにしてください。

もし、この作業を怠ってしまうと、松脂が乾燥して固まり、簡単には取れなくなってしまいます。松脂用と手垢、汗用の綺麗な布を2枚用意することで、二胡をより綺麗な状態に保つことができます。

■やってはいけないお手入れ

二胡を演奏する前に、松脂を弓に塗るのですが、松脂は保護剤ではなく、綺麗な音を出すための潤滑剤のような役割を持っています。松脂は塗りすぎると、綺麗な音を出す妨げになってしまうため、メンテナンスの時には塗らないようにしてください。

こたにじゅん二胡教室では、おすすめの二胡をご紹介しております。ご自分で購入して二胡レッスンを受けたいと考えている方は、こちらで紹介しているお手入れ方法を参考にしてください。

グループレッスンやペアの二胡レッスンを行なっており、甲府教室では個人レッスンも受け付けています。不明な点や気になる点がある方はお気軽にご相談ください。

back

Column List